日本行政書士政治連盟

行政書士制度は、国民の皆様と行政との架け橋として身近で重要な役目を担って、広く国民の皆様の利便を図る制度として昭和22年に法制化されて今日に至りました。そのため行政書士は常に国民第一に考え、研鑽を怠らず、国民の利益に適う「街の法律家」としての使命と責任を自覚して、これからも一層遂行してまいります。

昨年10月の第40回衆議院議員総選挙におきまして、各政党に大きな変動があり、政治を取り巻く状況は混沌たる形勢にあります。更に高度の情報化と社会情勢の急激な変化に伴い、行政手続きも複雑多様化しており、行政書士に求められる役割と期待も大きく変化して来ております。私たちとしてはますます地域に密着した活動と、行政書士の専門性を活かした積極的な取組を充分発揮できる環境を作っていかなければなりません。

日本行政書士政連連盟は、日本行政書士会連合会と密接な連携を図りながら、行政書士の権益擁護と職域拡大のための法改正に向けて鋭意努力をして参りたく、新しい年を迎えて決意を新たにしております。より一層国民の皆様、そして全国の行政書士の皆様のご期待に応えるため、以上の事情等を御賢察いただき、なお一層の御支援を賜りますよう御願い申し上げますとともに、皆様方のますますの御健勝と御活躍を心からお祈り申し上げます。

平成30年 日本行政書士政治連盟
会長 山下 寛

機関誌「日政連」

機関誌「日政連」最新号

平成30年2月号

詳細はこちら