お問い合わせ

ごあいさつ

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年に引き続き新型コロナウイルス感染症の影響により様々な制約を受け、それぞれの形で新年をお迎えのことと存じます。
 日頃は本連盟の活動にご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

 昨年の10月に第49回衆議院議員総選挙が行われ、当選された先生方におかれましては誠におめでとうございます。そして、益々のご活躍を心よりご祈念申し上げます。
 一方で、ご勇退された公明党行政書士制度推進議員懇話会会長を務めていただいた石田祝稔先生、立憲民主党行政書士制度推進議員連盟会長を務めていただいた赤松広隆先生、そしてこの度の総選挙において当選が叶わなかった自由民主党行政書士制度推進議員連盟会長を長きにわたって務めていただいた野田毅先生、その他これまでに行政書士法の改正にご尽力いただいた多くの先生方に対し、心より感謝申し上げますとともに今後のご健勝と引き続きのご活躍をご祈念申し上げます。

 さて、11月には特別国会が召集され岸田文雄自由民主党総裁が第101代内閣総理大臣に就任され、第2次岸田内閣が発足致しました。
 その後、わずか16日間の臨時国会会期中のご多忙の中、公明党をはじめ、国民民主党、自由民主党、立憲民主党の4党(開催日時順)において各党の懇話会・議連総会を開催していただき、それぞれの新役員を決定の後、日本行政書士会連合会と連名で要望書を提出させていただき、その後意見交換の場も設けていただきました。
 新会長には公明党は赤羽一嘉衆議院議員(兵庫県)、国民民主党は古川元久衆議院議員(愛知県)、自由民主党は石田真敏衆議院議員(和歌山県)、立憲民主党は逢坂誠二衆議院議員(北海道)がそれぞれ就任されました。なお、日本維新の会は会長の片山虎之助先生が病気療養中であることから総会は開催されず、現体制のままとなりました。片山先生におかれましては一日も早いご回復を願っております。

 本連盟は昨年6月30日に発足40周年の節目を迎えました。
 行政書士法は議員立法であることは皆様ご承知のとおりですが、これまで幾度となく法改正が実現されました。これはひとえに、これまで多くの議員の先生方から行政書士業務に対する深いご理解とご支援をいただき、法改正に関し国会で様々にご尽力いただいた賜物であることは言うまでもありません。加えて本連盟の多くの先達の役員の皆様が日々ロビー活動を重ね、支部においては支部会員の皆様が地元の先生方との信頼関係を地道に築いてこられたからこその結果であります。
 本連盟は地元での会員の皆様方の活動に支えられ、これからも日本行政書士会連合会とともに法改正や各種要望の実現のために日々活動を続けて参ります。
 本年もこれまで同様に本連盟の活動にご理解とご協力をお願い申し上げますとともに、一日も早くコロナが収束し、本年がより良い一年となりますように、そして議員の先生方と会員の皆様のご健勝と益々のご活躍を心より願っております。
 本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

令和4年1月

日本行政書士政治連盟
会長 井口 由美子